カテゴリー
カード単体評価

デュエプレ4弾 剛撃戦攻ドルゲーザ の考察

強さ8(10点満点)
汎用性4(10点満点)
将来性9(10点満点)
レアリティSR
文明水自然
カードタイプクリーチャー
コスト
パワー9000
種族アースイーター&ジャイアント
効果■シンパシー:アースイーター、ジャイアント
■バトルゾーンに出た時、自分のアースイーターの数と、ジャイアントの数を合わせた数だけカードを引いてもよい。(手札の上限枚数を超えるなら、上限枚数に達するまで引く)
■W・ブレイカー

【能力仕様】

1.シンパシーはクリーチャー数を参照。アースイーターとジャイアントの両方をもったクリーチャーが1体いても1しか下がらない。また、最低コストは2。

2.ドロー能力はアースイーターとジャイアントの両方をもったクリーチャーは重複して数える。

【評価】

第四弾 混沌の軍勢の目玉カードです。

ドロー能力とシンパシーによる大量展開を武器としてデカブツたちを率いる楽しいカードです。ぱっと見コストが重いように見えますが、西南の超人という最高の相方の存在もあり実際のゲームでは5コスト以下で出せることが多々あり、2コストで出していけることすらあります。具体的には西南の超人が1体いるだけで軽減とシンパシー合わせて3コスト下がり、西南の超人が2体いれば2コストです。

また、ドロー能力も強力で、最低でも2ドロー、ジャイアントやアースイーターが並んでいれば5ドローなんかもお手の物で、デッキの回転をはやめてくれます。ドローにより次のドルゲーザを呼び込めるうえ、出れば出るほどコストもさがる爆発力を持っており、西南の超人や二角の超人を絡めると1ターンで場をジャイアントで埋め尽くしていけます。

最低条件で考えてもコスト8パワー9000、出た時エナジーライトとそれなりであり、単体性能は非常に高いといえます。

なによりも盤面をジャイアントで埋め尽くす爽快感は尋常ではありません。

現状速攻には弱いものの将来的にストライクバックやニンジャストライクなどの手札から使える防御カードが期待できますし、面白いかつ楽しいカードです。

【相性のいいカード】

・西南の超人

最高の相棒です。マナコストも4から5とつながるうえ、コスト軽減能力によりドルゲーザが増やした手札をそのまま展開力へとつなげられます。そしてドルゲーザの身代わりとなって破壊されてくれる能力ももち、ドルゲーザの人生を生まれてから死ぬまでサポートしてくれます。

【採用デッキ】

・青緑ドルゲーザ

ジャイアントを詰め込んだビートダウンデッキです。ドルゲーザや二角で手札を増やし、西南の軽減効果を活かしてジャイアントを並べていきます。

・天門ドルゲーザ

基本のドルゲーザデッキにヘブンズゲートをいれたデッキです。ドルゲーザで増えた手札をヘブンズゲートでの展開につなげます。ジャイアントかつ光のブロッカーのエリクシアによるシナジーもあります。

【将来性】

非常に高いです。現状は手札を増やして展開が主な役割ですが、ストライクバックやニンジャストライクなどの手札から守れるカードが実装されれば防御力も増し、さらに強くなります。

【対策】

そのままではコストが重いので西南の超人がキーになります。ドルゲーザが出てくる前に西南の超人を除去していけるとよいでしょう。難しいけどね。あとはロストソウルも刺さります。が、二枚目のドルゲーザを引かれると厳しいです。ジャイアントは守りが薄いので結局は速攻で殴りきるのがよいでしょう。

【つくるべき?】

ジャイアントデッキには必須です。大量のジャイアントが並ぶ爽快感を味わいたいならぜひ。ちなみに私はめちゃくちゃ愛用してるよ。

コメントを残す

CAPTCHA