カテゴリー
カード単体評価

デュエプレ4弾 緑神龍ダクマバルガロウ の考察

強さ5(10点満点)
汎用性4(10点満点)
将来性6(10点満点)
レアリティSR
文明自然
カードタイプクリーチャー
コスト
パワー1000+
種族アース・ドラゴン
効果■攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置き、更にもう1枚をシールドゾーンに加え、カードを1枚引く。
■自分と相手のシールド1つにつき、パワーを+2000する。
■パワード・ブレイカー

【能力仕様】

1.シールドがお互い5枚の状態ならパワー21000の4枚ブレイク。

2.アタックするときにシールドを増やしてからバトルやブレイクします。例えばお互いのシールド合計が8枚でパワー17000の状態でアタックすればシールドが1枚増えてパワー19000の4枚ブレイクでバトルまたはシールドブレイクします。

【評価】

第四弾 混沌の軍勢で登場した魔改造カードです。紙ではくそざこでした。

しょっぱなの狂ったパワーと強力なアタックトリガーが武器のでかさは強さを体現するカードです。

何より強いのはアタックするときの効果。守りを固めつつ次の動きを円滑にするのはえらい。特に序盤ではどんどん殴りつつ後続のサポートにもなる。

そして出したときのパワーもやばい。7マナ21000ってなにそれ。

中速のビートダウンとの殴り合いに強く、コントロール相手にもサイズを武器に圧をかけていけます。

しかし、終盤になるにつれて弱くなるのはいただけませんね。最悪パワー1000で、簡単に処理されてしまう。

そして速攻相手だと出したときにはもう遅い可能性が高い。せっかくビートダウンに強いのに。

効果的にも素早くだせるかがキーとなるので、マナブーストやらでしっかりと素早く出せる環境をつくってあげることが大事です。

【相性のいいカード】

・マイキーのペンチ

スピードアタッカーにしてくれるのですぐに効果が使える。すごい。

・幻想妖精カチュア

素早く出せると強いカードなので踏み倒しと相性がよき。マイキーのペンチとも相性がよく、この辺でかためるといいね。

【採用デッキ】

・ペンチビート

マイキーのペンチを軸としたビートダウンです。スピードアタッカーにして一気に攻撃しつつ後続を確保していけるのがえらい。

・シータビート

こちらもビートダウン。アタックしながらのマナブーストと手札補充で流れるような攻撃を。

【将来性】

ビートダウン環境では強いです。速攻が流行らなければ。ドラゴンサポートにも期待できます。

【対策】

手っ取り早いのは速攻で殴り切れば出てくるころにはゲームセットです。あとは出てきたら仕事する前にデーモンハンドしましょう。

【つくるべき?】

面白いカードだからありかも。ただ専用デッキでの使用が主になるのは注意ね。

コメントを残す

CAPTCHA