カテゴリー
カード単体評価

デュエプレ5弾 魂と記憶の盾 の考察

強さ9(10点満点)
汎用性9(10点満点)
将来性10(10点満点)
レアリティVR
文明水光
カードタイプ呪文
コスト
効果■相手の進化でないクリーチャー1体を持ち主のシールドゾーンに加える。そのクリーチャーのコストが3以下なら、カードを1枚引く。

【能力仕様】

【評価】

デュエプレ第五弾 永遠の戦禍で登場したエターナル呪文です。手軽かつ再利用させづらい強力な除去カードで、色の合うデッキには即採用を検討できるレベル。

シールドに送る除去は相手の破壊されたとき効果を使わせず、さらにシールドは自力での回収が最も難しいゾーン。4コストで手軽に除去できるのはえらすぎる。

本来除去の苦手な水光にこんなに強い除去カードがあるのはすばらしい。

相手のシールドが増えるのは一見デメリットではあるが、最後に一気にシールドを割ってとどめまでもっていけばよし。

そしておまけのドロー効果も一応コッコ・ルピアの処理なんかで機能するかも。あんまり期待はできないが。

総じて手軽かつ強力な除去カードで、コントロールにはよく採用されるカードだろう。

【相性のいいカード】

・アクアン

アクアンホワイトなどにぜひ。

【採用デッキ】

・5c天門ボルバル

色の合うコントロールにぜひ。

・アクアンホワイト

水光で貴重な除去カード。

【将来性】

めちゃ高い。今後も重要。どんなにでかくても簡単に処理可能。

【対策】

シールド回収できるカードがあれば、

【つくるべき?】

コントロールを使うならおおいに推奨。普通に強い。

コメントを残す

CAPTCHA