カテゴリー
カード単体評価

デュエプレ5弾 勇猛護聖ウォルポニカ の考察

強さ5(10点満点)
汎用性4(10点満点)
将来性6(10点満点)
レアリティUC
文明自然光
カードタイプクリーチャー
コスト
パワー2500
種族ガーディアン/ホーン・ビースト
効果■ブロッカー
■相手プレイヤーを攻撃できない。
■バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

【能力仕様】

【評価】

デュエプレ第五弾 永遠の戦禍で登場したマナブーストもちブロッカーです。

まず単体性能としてはマナブーストのできるブロッカーってことで腐る場面はほとんどないのが魅力。とくにフェアリーライフからつないで2→4→6と動けるのは良き。

ただパワーがなぜか低い。4コスト多色獣はパワー5000が基本で、光だからパワー5500が基本。マナブーストはマイナス2000なんで3500のはずが2500。殴れるなら2500なんだけど殴れない。謎。3500なら除去されにくくなるし、ブロッカーとしてもより働いていただろうから残念。

とはいえ進化元としては優秀。一番は聖獣王ペガサス。どちらでも使えるし、マナカーブも美しい。強種族ガーディアンだから今後の進化獣にも期待できる。

総じてデッキの潤滑油兼進化元として使えるそこそこなカード。

【相性のいいカード】

聖獣王ペガサス

進化元として。

【採用デッキ】

フルクリーチャーペガサス

現状ここで。

【将来性】

進化ガーディアン次第では化ける。それなりに期待可。

【対策】

単体では弱い。

【つくるべき?】

ペガサスには必要。ほかの使い道は現状あんまりない。

コメントを残す

CAPTCHA