カテゴリー
環境考察

デュエプレ5弾1週目 環境考察&環境デッキランキング

環境デッキランキング

S トップ

5c天門ボルバル 環境トップ 完成度ダンチ

ハンデスボルバル 対天門性能トップ

A 強い

白ブリザード アグロ系トップ

青ブリザード アグロ系次点

赤黒デスフェニックス ボルバルにそこそこ有利

ネクラウェーブストライカー 天門にそこそこ有利

リースウェーブストライカー 強力なビート性能

除去ボルバル 純正コントロール

青黒ナーガ 天門にそこそこ有利

B それなり

黒ドルゲ ターボ宝剣ロスト 速攻は無理

赤ブリザード ポテンシャルは高い

赤白アグロ 赤黒アグロ お祈りゲー

シータメイデン お祈りゲー 一応天門対策はできる

デアリガルザーク 赤黒のほうが強い

ドロマースターマン 対ビートダウンなら

C きびしい

トリガーマーシャル ちょっと。

環境考察

まず5弾の新カードは初日こそ五王がみられたものの当初からの懸念通り五王は種をつぶされたら脆く、コントロールがきついため、出せたらコントロールに強いデスフェニと種が優秀なナーガのみ環境入り。スターマンはコントロール環境ではきつい。ペガサスは種が弱すぎ。ソウルはエリクシアに阻まれる。

現環境は宝剣とプリズムを獲得した天門ボルバルが完成度や安定感で環境トップであり、それをメタるハンデスボルバルが次点にくる。加えてデスフェニ系でも天門メタでガレックの採用が多い。またアグロ系ではホリスパワンチャンが狙える白ブリザードがトップであり、ウェーブストライカーも相変わらず強いなど4弾環境をある程度そのまま受け継いでいるといえる。

特に速攻とコントロールの二極化が激しく、速攻がきついうえに天門を踏むと厳しいビートダウンは天門に有利なデスフェニなどを除いてあまり息をしていない。そして速攻はブリザードかウェーブストライカー、コントロールはハンデスかターボ宝剣ロストと強い型が固定されてきている。

赤黒入りのジャイアントなどちらほら新顔も出ているが、今後もブリザード、ウェーブストライカー、天門、ハンデスをしっかり対策する必要がありそう。

コメントを残す

CAPTCHA