カテゴリー
カード単体評価

デュエプレ5弾 武神兵ファイアー・バレット の考察

強さ6(10点満点)
汎用性4(10点満点)
将来性6(10点満点)
レアリティ
文明
カードタイプクリーチャー
コスト
パワー2000
種族アーマロイド
効果■スピードアタッカー
■バトルゾーンに出た時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャー1体を破壊する。

【能力仕様】

【評価】

デュエプレ第五弾 永遠の戦禍で登場した火のスピードアタッカーです。ビート性能が武器。

能力はシンプルなものの強力に噛み合っていて、邪魔なブロッカーを葬りながら即殴りにいける。破壊できるサイズに制限がないのも強く、エリクシアすら破壊できるのが良い。

ただやっぱり、どうしても、重さとパワーがネック。6コストパワー2000ってさ、、、

ブロッカー1体破壊してもほかにいたら突っ立ってることしかできない。ファントム・バイツとかで簡単にやられる。なんだこいつ。

コストのせいで速攻には採用できないし、、、6コストならジャガルザ―でも使ったほうが、、、

総じて能力自体は強いもののパワーがいまいちでビート性能いまいちっていう微妙なカード。

余談だけどデュエマには6コスト以上優遇の法則があって、普通は2コスト2000から始まり5コストまでは1コスト上がるごとにパワー1000高くなる。そして6コストからは2000ずつ上がるから6コストはパワー7000が基本。そっからこいつはスピードアタッカーでパワー2000マイナスで5000、つまりブロッカー破壊は3コスト分の効果らしい。

デュエプレ未登場だけどブロッカー確定破壊のクリティカルブレードはシールドトリガーがついて2コスト。ってことはブロッカー破壊は1コスト分の効果ってことじゃん、、、

【相性のいいカード】

【採用デッキ】

・シータメイデン

邪魔な天門相手に。

【将来性】

あんまない。もっと強いカードはきっとくる

【対策】

ブロッカー2体並べとけば止まる。

【つくるべき?】

どうしても必要なら、、、おすすめはしない

コメントを残す

CAPTCHA