カテゴリー
デッキ考察

デュエプレ5弾 バトルアリーナ優勝デッキの考察

 9月12日、13日に開催されたデュエプレ公式大会バトルアリーナで優勝したボルサリーノ@海軍大将さんのデッキについての考察です。

レシピ

 使用デッキはオーソドックスな天門ボルバル。5弾カード0の構築です。特徴といえるのはリバース・チャージャーとアクア・ポインターの採用。

各カード採用理由&枚数考察

エナジー・ライトドローソースとしてフル投入。フェアリーライフは腐りやすく採用していないため4コストの動きを邪魔せずに円滑に繋げられるこれを採用。
ブレイン・チャージャーハンドを減らさないマナブースト。対アグロで素早く天門を、対コントロールやミラーで先にロスト・ソウルを打ちたいためフル。
リバース・チャージャー序盤はマナブーストとして、終盤は欲しいカードを持ってくるために使える腐らないカード。ハンデスに対抗するためでもあり1では足らず3では過剰なため2。
アクア・ポインターデッキを回す潤滑油。汎用的に使えるほか、先にロストされそうなときにワンチャン抜けるのが強い。枠との兼ね合いで2。
ヘブンズ・ゲートコンセプト 当然4。
アクア・サーファートリガー枠。アグロに刺さるうえ、ミラーなどにも使える。色の兼ね合いもあり4。
デーモン・ハンドトリガー枠。ロスト用の黒。枠の兼ね合いで3。
エリクシア天門三銃士。シンプルに強いがバルホルス4のため枠の兼ね合いで3。
ボルバルザークフィニッシャー。素で出しても強いため4。
ロスト・ソウル対コントロール。4では過剰なため3。
バルホルス天門三銃士。アグロに刺さり、ミラーにも刺さるため最重要視して4。
ザーディア天門三銃士。アグロに刺さるがコントロールには刺さりにくいため4は過剰で3。

デッキとしての考え方

 とにかく腐りにくいカードを採用しており、腐りやすいカードは抜いてある。天門にはいることのあるフェアリーライフ、ホーリーメール、裁き、宝剣などは状況次第で腐ってしまい、特にハンデスされたあとに隙を見せる原因になる。負けられない大会では1枚1枚の価値が重要なためどんな状況でも安定した価値のあるカードで戦うことで安定して勝つことができ、優勝できたものと思われる。

コメントを残す

CAPTCHA