カテゴリー
デッキ考察

デュエプレ5弾 バトルアリーナベスト4デッキ の考察

 9月12日、13日に開催されたデュエプレ公式大会バトルアリーナでベスト4に輝いた

halhal8282さん(@halhal_8282

お小遣い制さん

 以上2名のデッキについての考察です。

halhal8282さんのデッキ

レシピ

 使用デッキはターボ宝剣型の天門ボルバルです。8マナ呪文7枚、除去トリガー0という驚きのデッキです。優勝者のボルサリーノ@海軍大将さんが唯一負けたデッキでもあります。

各カード採用理由&枚数考察

フェアリーライフミラーで先にロスト宝剣を打つために加えて対アグロで早めに天門を打つためにも必要で4。
ホーリーメール対アグロ。それ以外には腐りやすいので1。
ブレインチャージャー先にロスト宝剣を打つために。ハンドを減らさないのも良いため4。
プリズムブレインドロソ。ライフ採用のため4コストで重なってもよく、多く引けるためこれを採用。
リバースチャージャーマナブーストに加えて終盤にも使える腐らないカード。ほかにマナブーストが多いため1。
ヘブンズゲートコンセプト。当然4。
炎槍と水剣の裁対アグロ、ハンデスボルバルに。ほしい場面も多いが連打するカードではないので2。
エリクシア三銃士。ロスト宝剣との枠の兼ね合いで3。
ボルバルザークフィニッシャー。素で出しても強いため4。
ロストソウル対ミラー最強カード。ターボする理由の8割。とにかくロストしたいため4。
バルホルス三銃士。ロスト宝剣との枠の兼ね合いで3。
英知と追撃の宝剣対ミラー。ロストケアの天門打ちすら無にする。はやめに打てると強いがロストと合わせて8は過剰なため3。
ザーディア三銃士。ロスト宝剣との枠の兼ね合いで3。

デッキとしての考え方

 ターボして宝剣ロストすれば相手は死ぬ。という感じ。とにかくロストを打つためにターボしていきます。はやいデッキ相手にもターボから早期に天門、または裁きで対処。デッキの性質上ミラーには強く、天門が多いことを読んでの構築だと思われます。

お小遣い制さんのデッキ

 レシピはありませんがアクアン天門を使用しており、特徴的なカードが散見されます。

アクアンこのデッキの肝 ドローソースであり生き物が場に出るのが強い。
アクア・リバイバー防御札 殴ってくるデッキ相手に時間を稼ぎ、天門につなげる
ガレック対ミラー
ブルー・メルキス対ミラー
ホーリーメール対アグロ マナ加速が少ない分重要

デッキとしての考え方

 アクアンを採用したことでマナ加速はしづらいことが前提。対ミラーには先にロストを打つことが期待できないため、刺さるカードとしてガレックやブルーメルキスを採用。また、ロストされてもアクアンやリバースチャージャーによりスムーズに立て直せる。対アグロはホーリーメールでの対処が基本。または6ターン目に天門を打つ繋ぎとしてアクアリバイバーで粘るイメージ。

コメントを残す

CAPTCHA