カテゴリー
カード単体評価

デュエプレ4弾 血風聖霊ザーディア の考察 20/10/02改訂

強さ10(10点満点)
汎用性4(10点満点)
将来性8(10点満点)
レアリティSR
文明火光
カードタイプクリーチャー
コスト
パワー5500
種族エンジェル・コマンド&メルト・ウォリアー
効果■シンパシー:エンジェル・コマンド、メルト・ウォリアー
■ブロッカー
■バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をシールドゾーンに加える。その後、それが自分のターンなら、相手のクリーチャーをパワーの合計が5500以下になるよう好きな数選んで破壊する。

【能力仕様】

1.シンパシーは対象クリーチャー1体につき1コスト軽減。

2.割り振り火力が発動しないのは相手ターンに出したとき。現状はS・トリガーでのヘブンズゲートかアカシックサードくらい。

【評価】

 第四弾 混沌の軍勢で登場したスーパーレアです。ただただ重く出しづらかった紙とは違いブロッカーがついたためヘブンズゲートで出せるようになったのが一番の強化点。

 自分のターンに出せばシールド追加に割り振り火力に自身もブロッカーという3面除去で狂ったような防御力を発揮する。盤面を崩壊させながら盾追加なのでホーリースパークすらケアし、こいつを連打すれば大抵のアグロやビートダウンが死滅するレベル。

 S・トリガーのヘブンズゲートで出す場合は割り振り火力は発動しないけどシールド追加しながらブロッカーが出せるため2体防げ、相手の打点計算を一気に乱すことができるのもえぐい。

 しかし、明確な弱点もいくつかある。

 1つ目は重いこと。ヘブンズゲート以外で出すのには重すぎ。シンパシーもあるけど下がっても2か3程度で実質お飾り。

 2つ目はパワーの低さ。9コストで5500のシングルブレイカーって火力なさすぎ。

 3つ目はコントロール相手に腐ること。防御札としては優秀でも火力がなく圧をかけれないため攻めてこないコントロール相手にはお荷物。

 とはいえ、ヘブンズゲートで使うのなら超絶強力な防御札であり、対コントロールはほかのカードでみればよし。

【相性のいいカード】

ヘブンズ・ゲート

むしろこれ専用かも。強いよ。

・光輪の精霊ピカリエ

シンパシー元に。とはいえ重い。

【採用デッキ】

・5c天門

 これが一番。対ビートダウンで圧倒的。

・4cボルコン

 グッドスタッフ要因。出せたら強い。いれるなら1枚か2枚程度で。

【将来性】

 良くも悪くもヘブンズゲート次第。圧倒的な対ビートダウン性能が強すぎる。

【対策】

 コントロールして一気に攻撃するのが良き。あとパワー6000以上相手は何もできないから大きいの並べよう。

【つくるべき?】

 ヘブンズゲートつくるなら必須。それ以外はビッグマナにワンチャンあるかな程度なので注意。

コメントを残す

CAPTCHA