カテゴリー
デッキ考察

デュエプレ5弾 アクアン天門 の考察

デュエプレ5弾環境での評価(10点満点)

総合力
安定性
爆発力
攻撃力
防御力10
妨害力
使いやすさ

 デッキのコンセプトはヘブンズゲートででかいブロッカーを出して時間を稼ぎ、ボルバルやホワイトで締めるコントロールデッキ。5c天門のドロソをアクアンにした派生版だが5色だから強いカードをふんだんに使えるわけで、とにかく個々のスペックが高い。

・メインカード
ヘブンズ・ゲートコンセプト

・ブロッカー
剛撃精霊エリクシアでかい
悪魔聖霊バルホルスコントロール札
血風聖霊ザーディア対速攻 範囲除去
護法の精霊アムシオンブロッカーで一気に攻める場合のフィニッシャーとして

・フィニッシャー
無双竜機ボルバルザーク最強 引けたら勝ち
陽炎の守護者ブルー・メルキス相手の呪文横取り コントロール意識ならこっち アクアンで引ける
ボルメテウス・ホワイト・ドラゴンシールド焼却

・ドロソ
アクアン生き物が出て最大3枚引ける リバチャで回収できるのが強い
腐敗電脳アクアポインター潤滑油として
リバース・チャージャー実質ドロソ ターボも役立つ
・除去
腐敗勇騎ガレック主に対ミラー
魂と記憶の盾軽量確定除去 色も優秀
英知と追撃の宝剣爆アド除去

・シールドトリガー
アクア・リバイバー1枚で無限に防ぐ 主にデスフェニメタ
デーモン・ハンド安心安全

・その他
ホーリー・メール対速攻
ロスト・ソウル対コントロールの最強ハンデス

サンプルレシピ

 バランス重視。環境に合わせて除去を増やしたり、メタカードを詰めたりしていこう。

基本的な動かし方

 動きは序盤に手札補充、中盤ロストソウルや相手の除去とブロッカー展開、そしてフィニッシャーで締めって感じ。

 対ビートダウンや五王は血風聖霊ザーディア魂と記憶の盾で除去していく。

 コントロール相手にはロストソウルを打ちたいがマナ加速が少ないため先に打たれることが前提。とはいえ相手の手札が減っているときにアクアポインターを投げたり、ロスト前に天門で展開したり、ホワイト投げたりできる。トップ勝負でも天門以外腐らず、復帰はアクアンリバチャポインターから可能。

 そして余裕ができたらフィニッシャーを出して締めと、とにかく総合力が高い完成度の高いデッキ。

 弱点は対速攻でシールドお祈りになりがちなところ。デスフェニックスもきつい。

強み

 総合力が高い。シンプルに強いカードを詰め込める。

弱点

 初動が4ターン目なのでノートリで死ぬ。ハンデス相手はきついためロスト・ソウル、腐敗勇騎ガレックが最適解。5色かつ重いデッキのため事故も起こりやすい。

環境デッキとの相性

相手デッキ
シータメイデン五分 天門を踏ませたら有利 簡単に突破されるから注意
白ブリザード有利 天門踏ませたら勝ち
ウェーブストライカー若干有利 ザーディア投げればつよい ジャギラされてもわりと復帰可能

コメントを残す

CAPTCHA