カテゴリー
大会結果 環境考察

デュエプレ5弾 第1回ささぼーカップ の考察

 10月3、4日に2006年度デュエマ日本一決定戦優勝のささぼー氏(@sasabou666)主催で参加者256名のささぼーcupが開催されました。

 非公式大会であり、3本勝負の2本先取制だとかデッキ事前公開制であるなどルールも公式大会とは違いますが、参加人数も多く、ボルバル&ハンデスナーフ後初の大型大会ということもあり、および今後のランクマッチ環境の参考になるはず。

 ということで考察していきましょう。

ルール

 ランクマッチや公式大会と大きく違うのはデッキ公開制であること。相手デッキの型から枚数までわかるため初見殺しはできず、プレイ中もなにを警戒すればいいのかがわかりやすい。特に影響を受けるのがアポカリプスデイとか獄門とかの刺さる場面は強烈だけどケアされうるカードね。

 相手に合わせて動きやすいルールなので殴っていくだけのアグロ系統よりコントロールが得なルールともいえる。

参加デッキ分布

引用元 【デュエプレ】ささぼーCup デッキ分布【デュエルマスターズプレイス】

 参加デッキは以上の通り。

 個別レシピはこちらから→ささぼーCup デッキリスト一覧

 まずダントツで多い天門は1割がジャイアントやペガサスで残りの9割でアクアン型とライフブレチャ型が半々。カードの単体性能が高くやはり人気。

 続いてウェーブストライカーはリース、ネクラ、ドロマーの3分割。ランクマッチではリースとネクラが大半だが、大会であることとデッキ公開制であることからコントロール気味のドロマー使用者が多くなったとみられる。

 それからナーガはクエイクス採用の青黒ナーガや、赤タッチでマルドゥクスガレックを採用したクローシスナーガ、ペトローバなどを採用したドロマーナーガが存在。ナーガはデスフェニやウェーブストライカーに有利かつ構築次第で天門にも勝てるため数を一気に増やしたのではないか。

 そしてデスフェニは8割がサーファー入りのクローシス、1割がデアリとのこと。大会で増えるコントロールメタとして人気なのだろう。

 前回のささぼーカップテスト大会のときに考察したようにやはり大会だとコントロールが多い一方でランクマでよく見かける早いデッキのメイデン赤白ブリザードはどれも使用率が低い。速攻デッキはよくもわるくも波が激しいうえ、ただでさえ今大会はコントロール有利なルールなのでこうなったのかな。

2日目進出デッキ分布

引用 https://twitter.com/sasabou666/status/1312380447452659713
引用 https://twitter.com/sasabou666/status/1312380447452659713

 1日目の8回戦を終えて3敗以下の成績のプレイヤーが進出した2日目のデッキ分布はこんな感じ。

 デスフェニ激増の一方で天門ボルコンが減少、ウェーブストライカーナーガが微減。

 デスフェニの躍進はやっぱり天門が多かった&苦手な速攻ウェーブストライカーが少なかったからなのは容易に予想がつくし、天門の減少はミラーのつぶし合い&デスフェニナーガに狩られた感じかな。

 また、気になるのはブリザード。母数は少ないものの天門が多い環境にも関わらず全員が進出を決めている。デスフェニナーガボルコンあたりを狩った感じだろう。

決勝トーナメント進出デッキ

引用元 https://twitter.com/sasabou666/status/1312692787448434688
予選順位デッキ
あおい/えたーなる青黒ナーガ
よだれchゆうちゅーぶ5c天門
トップライフ5c天門
くさなぎつよし5c天門
ヒトリクローシスナーガ
レミィ白ブリザード
雷鳴神ドロマーナーガ
ゆきぼう@MBEリースウェーブ
引用元 ささぼーCup デッキリスト一覧

 決勝トーナメント進出デッキは天門3ナーガ3リースウェーブ1白ブリザード1というメンツ。デスフェニどこいった、、、

 天門は全員がライフブレチャ型。アクアン型の絶滅が気になるがスピード不足でデスフェニナーガに狩られた感。

 ナーガはクエイクスの青黒、マルドゥクスガレック獄門のクローシス、ペトローバ審判のドロマーとそれぞれ別の構築が勝ち残り。天門ウェーブデスフェニのどれにも強めなため勝ち残ったか、

 リースウェーブはほぼほぼテンプレ通り。安定のデッキパワー。

 白ブリザードは白がホリスパ4アポデイ3という凶悪トリガーの構築。天門にもワンチャンつくりやすかったのが強みぽい。

準々決勝

 準々決勝のマッチではナーガの盤面制圧力がウェーブストライカーに刺さっていた印象。

 ほかのマッチは天門がカードパワーでナーガを出させずに圧倒したか。ブリザードは不利対面の天門を突破しきれなかったぽい、、、

準決勝

引用元 https://twitter.com/sasabou666/status/1312707719409750016

 準決勝は青黒ナーガ&天門天門天門 どっかで見た光景だな、、、

 準決勝はデッキアウトぎりぎり白熱の天門ミラーと、ゼリーワームとナーガでじわじわ天門を追いつめていく戦いだった。

決勝

引用元 https://twitter.com/sasabou666/status/1312736291595808768

 決勝は青黒ナーガ対5c天門。攻めるナーガを徹底的に防御する天門の白熱の攻防戦だった。

優勝

引用元【デュエプレ】第1回ささぼーCup!決勝トーナメント!【デュエルマスターズプレイス】

 優勝したのは5c天門のトップライフさん。

 全体像は普通のライトブレチャ天門だがピン刺しの裁き宝剣が特徴的。トリガーも10枚と厚め。決勝では裁きがナーガに対して刺さっていた印象。また、宝剣も天門に対して刺さる場面がみられた。

まとめ

 ボルバルナーフ後の環境でも天門の強さが圧倒的。ベスト4が天門ナーガ天門天門。やはりカードパワーが圧倒的かつトリガー天門による逆転性能は異常。

 ナーガは最近ランクマッチで数を増やしていたが大会で準優勝含めてベスト8に3人もいたのは意外だったか。粘り強さはあるものの進化元のうちに除去され続けると厳しいようにみられた。

今後のランクマッチは

 やっぱりナーガが増えそう笑。天門の強さはご存じの通りだが、ランクマッチでは時間がかかる分減るはず。

コメントを残す

CAPTCHA