カテゴリー
カード単体評価

デュエプレ6弾 飛翔するウイング・ホーン の考察

強さ3(10点満点)
汎用性2(10点満点)
将来性4(10点満点)
レアリティ
文明自然
カードタイプクリーチャー
コスト
パワー1000
種族ホーン・ビースト
効果■パワーアタッカー+4000

【能力仕様】

【評価】

 デュエプレ6弾 超獣の転生で登場した軽量ホーンビースト。パワーアタッカーで殴るときのサイズはまずまずな感じ。

 3マナでアタック時5000だとそこそこでかいから突破力はある。が、殴り返される時1000なのはさすがにいただけない。安定感が皆無。

 殴り返しにも火力にもやられやすくて単体性能は低いと言わざるを得ないけど、まあ軽いし進化元としての需要はあるよね。

【相性のいいカード】

護りの角フィオナ

 軽いから進化元がメイン

【採用デッキ】

 護りの角フィオナ軸なら選択肢にはいる。

【将来性】

 ホーンビーストの進化元としてなら、、、強いやつがでるかは不明。

【対策】

 殴り返し、火力、なんでもいける

【つくるべき?】

 フィオナ使うならいいのかもしれない。

コメントを残す

CAPTCHA