カテゴリー
カード単体評価

デュエプレ7弾 コマンダー・テクノバスター の考察

強さ(10点満点)
汎用性(10点満点)
将来性(10点満点)
レアリティVR
文明
カードタイプクリーチャー
コスト
パワー7000
種族グレートメカオー
効果■相手が自身のターンにカードを引いた時、同じ枚数のカードを引く。(手札の上限枚数を超えるなら、上限枚数に達するまで引く)
■W・ブレイカー

【能力仕様】

1.アクアンみたいな開示する型のドローには反応しない。

【評価】

 実装前の評価です。実装されてから評価はころころ変わるので目安程度で。

 デュエプレ7弾 超神星爆誕で登場した機械。相手のドローに反応して自分も引ける置きドロー。自分だけドロー2倍じゃあああああああああ

 ターン開始時のドローにも反応するのでとりあえず出しとけば1枚は引けるうえ、生き残ればそのままハンドアドを稼いでいける。置きドローとしてのライバルはルナ・ブリッツホークだが、そちらとはでかさゆえの除去されにくさや相手のドローを牽制できる点で差別化可能。

 パワー7000なのもバルホルスを突破できたり、火力に引っかからなかったりとなかなか優秀。

 しかし、コストが重い点、即効性がない点、ロストソウル耐性がない点あたりが悩み。ハンドアドを稼ぐには1ターン生き残る必要があるうえ、引いたあとにロストソウルをされるとまたトップでなんとかしないといけなくなる。

 また、効果が強制なのもきつい。エナジーライトなんかで一気に山札を削られると一気に山札切れが近づく。

 とはいえほぼ1枚は引けるので損はしない良カードであり、コントロールデッキのドロソ兼アタッカーとして採用を検討できる。

【相性のいいカード】

【採用デッキ】

【将来性】

【対策】

 即除去するか、大量にドローしてデッキアウトを狙うかの2択。

【つくるべき?】

コメントを残す

CAPTCHA